HISTORY

History of MEN'S BIGI

  • 1973

    (株)ビギのメンズブランドとして「ビギ・メンズ」スタート。
    ※デザイナーは菊池武夫。
    ブリティッシュ・スタイルを基本としたヨーロピアン・カジュアルを展開。
    メンズのデザイナーズブランドの草分け的存在となり、TVドラマ「傷だらけの天使」で萩原健一が着用して話題になる。

  • 1975

    (株)ビギより独立。(株)メンズ・ビギ設立。※代表(チーフデザイナー兼任)は菊池武夫。
    当時、他にない「大人の遊び着」「不良の大人の服」として注目される。
    ※80年代に入って菊池武夫は (株)ワールドへ移籍。 チーフデザイナーに今西祐次が就任。

  • 1978

    パリコレに参加

  • 1993

    「TUBE」代表兼チーフデザイナー、斎藤久夫氏とディレクター契約。
    企画部門のディレクションを担当。

  • 1998

    メンズビギブランドのコンテンポラリーラインを「ラッドメス メンズビギ」
    ビジネス&カジュアルラインを「メンズビギ スピロ&フィロ」
    クラシックラインを「ディスティンクション メンズビギ」という3レーベルに分化。

  • 2001

    坂田真彦がディレクターに就任。

  • 2003

    ラングラーとの共同プロジェクトによる新レーベル「ベン ザ ロデオテーラー」がスタート。

  • 2006

    「ラッドメス メンズビギ」と「メンズビギ スピロ&フィロ」を、新たに「MEN'S BIGI」としてレーベルを統合。
    THE BEATLESとのコラボレーションによる「THE BEATLES by MEN'S BIGI」がスタート。

  • 2008

    メンズビギがプロデュースするセレクトショップ「SETTING CRACKS」がスタート。

  • 2010

    ニュージェネレーション向けの新レーベル「MEN'S BIGI FIRST」がスタート。
    「MEN'S BIGI」のカジュアルラインと「MEN'S BIGI FIRST」の複合ショップ「ESSENTIAL GARMENT」がスタート。

  • 2011

    新業態複合ショップ「EDITION-WORKS」がスタート。

  • 2012

    新ブランド「CROWDED CLOSET」がスタート。
    レディースブランド「aditional」がスタート。

  • 2014

    新ブランド「ESSENTIAL GARMENT MEN'S BIGI」がスタート。