DESIGNER BLOG

BACK NUMBER : March 2017

Fashion Week TOKYO

2017.03.31

企画 松村です。



先日、 Amazon Fashion Week TOKYO へ行ってきました。
ショーを見て改めてファッションが楽しいということを感じました。

Fashion Week TOKYO

Fashion Week TOKYOでは各ブランドが2017年の秋冬物の新作を発表していますが、


メンズビギのショップでは春物の新商品を続々と入荷しています。


以下のカタログ掲載商品も近々店頭入荷予定です。
是非お立ち寄り下さい。


 

Fashion Week TOKYO

皆様の御来店、お待ちしております。

☆ Flower Print ☆

2017.03.23

画像1

店頭でご好評をいただいている「Vintage Archives Flower Print」です。


 


トレンド キーワードに「Vintage」があります。


メンズビギは42年の歴史の中、過去の商品を再現します。


ただ単にレプリカを作るのではなく柄を尊重しながらも色を今の感覚にアレンジし、当時展開がなかったアイテムにして甦らせます。

☆ Flower Print ☆

これは2006年のシャツです。


 


今回のシーズンテーマ「FLOWERS」に沿った商品をアーカイブからピックアップしました。


 


 


当時トレンドだった襟端や裾は切りっぱなしでホツレさせて、クリンクル(ねじってシワシワにする)加工が施されています。


(画像はアイロンで伸ばしました)


 


今はなかなか見ないデザインです(笑)


 


当時も私がデザインしたので懐かしいです。

☆ Flower Print ☆

このように色とアイテムをアレンジしました。


 


P下(プリントのベース生地)は当時と同じく透かし柄のストライプ生地。


 


色は大人が春らしく着れるように。


 


ZipUpジャケットとシャツに。


ジャケット用には張りコシを持たせました。


 


 


 


ジャケット


M0171FJM03


¥26,000 + TAX


 


 


シャツ


M0171FBC10


¥13,000 + TAX


 

☆ Flower Print ☆

インナーにもおすすめの半袖VネックTシャツ。


グレー、ピンク


他にサックスもあります。


 


 


M0171UTS07


¥6,900 + TAX

☆ Flower Print ☆

「Vintage Archive」シリーズにはこのデザインの織りネームを付けています。


 


意味は


「メンズビギの過去の逸品のディテールを誇り高く今に再構築しました」


 


 


これは私の高校生の時からの親友(TOEIC 満点)に私の思いの丈を簡潔に英訳してもらいました。


 


 


そんな思い入れのある商品です。


 


 


 


 


 


23 Mar. 2017


メンズビギ 西賀 

BEN THE RODEO TAILOR 〜2017SS〜

2017.03.14

画像1

2017SSのBEN THE RODEO TAILORは


 


爽やかなブルーとホワイトをテーマカラーに


 


『エレガントな大人のコーディネート』を提案しています。


 


 


 


 


デニムには2016AWより引続き


『CONE DENIM』(10.75ozストレッチ)を採用した1本と


※M0171FP701 ¥16,000-


 


春夏らしい爽やかで吸水速乾性に優れている


『Cool Max』のホワイトストレッチデニムの2本をご用意しました。


※M0171FP702 ¥16,000-

BEN THE RODEO TAILOR 〜2017SS〜

 


 


 


デニムシャツにはポリエステル混のストレッチ素材を採用し


綿100%のカサカサした生地よりもしっとり感のある、着心地の良いシャツに仕上げています。


 


さりげなくコンチョ釦を部分的に使用し、ブランドのルーツである


アメリカの空気感を漂わせた遊びのあるデニムシャツです。


※M0171FBC701 ¥15,000-


 


 

BEN THE RODEO TAILOR 〜2017SS〜

 


 


 


ブルゾンはG-ジャンをベースに着丈を長くし


シャツ感覚で着れる、着回しの良い1枚に仕上げています。


 


素材にはストライプ柄が浮かぶドビーサッカーを使用。


ストレッチ&Cool Maxの機能を備え、ドライな着用感と涼しげな見た目が魅力的なブルゾンです。


※M0171FJM701 ¥27,000-

BEN THE RODEO TAILOR 〜2017SS〜

 


 


夏の空をイメージした『ホワイト&ブルー』のコーディネートで


ウィークエンドのカジュアルスタイルをお楽しみ下さい。


 

BEN THE RODEO TAILOR 〜2017SS〜

 


DESINER イノウエ

☆ Knit & Sew Jacket ☆

2017.03.09

画像1

オススメの  ニット ジャケットです。


 


ニット素材なのでクリーンな花柄シャツとのコーデはもちろん、洗いざらしのデニムシャツ、暖かくなるとTシャツとの合わせなどインナー選びには事欠かきません。


清涼感がある綿タッチなので夏場にも着ていただけます。

☆ Knit & Sew Jacket ☆

通常のニットジャケットと言えば、カーディガンのようなラペルが細い仕立てが多いのですが、これはしっかりとラペル幅をもたせた仕立てに。


襟付きシャツと好相性なデザインです。


 


Tシャツの時は上襟を立てて着るのもアリです。


 


 


 


 


M0171SKW01


SIZE - S、M、L


¥14,000 + TAX


 


① ホワイト×ブラウン杢


② ネイビー×サックス杢


③ ホワイト×ブラック杢


 


発売中です。


 


 


 


09 Mar. 2017


メンズビギ 西賀 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


③ ホワイト×ブラック杢

☆ Knit & Sew Jacket ☆

 


 


 


 


 


 


 


① ホワイト×ブラウン杢

☆ Knit & Sew Jacket ☆

 


 


 


 


 


 


 


② ネイビー×サックス杢

☆ Knit & Sew Jacket ☆

 


 


 


 


 


 


 


③ ホワイト×ブラック杢

☆ Knit & Sew Jacket ☆

☆ Marcel & David ☆

2017.03.06

画像1

東京国立近代美術館で先週の金曜日から開催中の『マルセル・ブロイヤーの家具』に行きました。


 


 

☆ Marcel & David ☆

1920年代の作品、この『ワシリー・チェア』が最も有名だと思います。


私が初めて座ったのは20歳の頃通っていた学校のロビーに置いてあった時です。


「 斜めの座面がなんとも座りやすいな 」とよく座って談笑していました。


印象深いイスです。


 


 


今では当たり前の『曲げた金属パイプ』を使ったイスの元祖です。


 


 


他にも多くの作品が展示されていましたが、写真が撮れないのが残念。


 


 


 


この美術館は皇居の周りにありますのでサクラの時期にお散歩がてら行かれてはいかがでしょう。

☆ Marcel & David ☆

翌日は天王洲アイル駅近くの『 DAVID BOWIE IS 』に。


 

☆ Marcel & David ☆

ずっと行きたかったんですが、やっと行けました。


 


ここも写真が撮れないのが残念ですが、素晴らしい展示でした。


コスチュームの展示は触れられる距離です。


触れませんが、じっくり見られます。


知らなかった事だらけで3時間近く観ていました。


 


 


06 Mar. 2017


メンズビギ 西賀 

☆ Marcel & David ☆
☆ Marcel & David ☆